読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

R・シュトラウス 『アラベッラ』 2010年6月12日 ドイチェ・オーパー

2010年6月12日(土)Arabella

Lyrische Komödie in drei Aufzügen

Dichtung von Hugo von Hofmannsthal

Uraufführung am 1. Juli 1933 in Dresden

Premiere an der Deutschen Oper Berlin am 12. Februar 2006

-----------------------------------------------------------------------------

Musikalische Leitung: Ulf Schirmer

Inszenierung: Alexander von Pfeil

Bühne: Bernd Damovsky

Kostüme: Sabine Blickenstorfer

Kampftrainer: Frank Meyer-Brockmann

-----------------------------------------------------------------------------

Graf Waldner: Stephen Bronk

Adelaide: Liane Keegan

Arabella: Adrianne Pieczonka

Zdenka: Julia Kleiter

Mandryka: Michael Volle

Matteo: Martin Homrich

Graf Elemer: Clemens Bieber

Graf Dominik: Krzysztof Szumanski

Graf Lamoral: Simon Pauly

Fiakermilli: Marisol Montalvo

Eine Kartenaufschlägerin: Fionnuala McCarthy

Welko: Frank Meyer-Brockmann

Djura: Olli Rantaseppä

Drei Spieler: Heiner Boßmeyer, Tadeusz Milewski, Björn Struck,

Orchester der Deutschen Oper Berlin

 

1階左4列12番

 

退屈。長い。こんな話にこんな音楽。退屈もいいところ。

リヒャルト・シュトラウスのオペラってそもそも良いと思わないかも。緩急があまりなくだらだらなんとなく続いて行く感じ。あと今日特に思ったのが、彼のオペラのテクストがつまらない(ホフマンスタールだが...)、普通な歌詞すぎる。あと、ところどころ(二人が同時に違う歌詞を歌うところなど)、こんなんじゃ聴こえるわけねえだろっていう。オケも厚く書かれてるから余計。サロメはまだわかる、まだこの手法がはまると思う。

TOP