読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

グルック『オーリードとトーリードのイフィジェニー』 アン・デア・ウィーン劇場 2014年10月27日

オペラ

ThadW iphigenie

Iphigenie quer

(http://www.theater-wien.at/index.php/de/spielplan/production/153272)

"Iphigénie en Aulide et Tauride"

Tragédie opéra (Fassung: Torsten Fischer, 2014)

Musik von Christoph Willibald Gluck

Libretto von Marie Francois Louis Gand Bailli du Roullet (Aulide) und Nicolas-Francois Guillard (Tauride)

In französischer Sprache mit deutschen Übertiteln

Besetzung

Musikalische Leitung Leo Hussain

Inszenierung und Licht Torsten Fischer

Ausstattung Vasilis Triantafillopoulos

Ausstattung & Dramaturgie Herbert Schäfer

Diane / Iphigénie | Véronique Gens

Iphigénie / Diane | Lenneke Ruiten

Agamemnon / Thoas | Christoph Pohl

Clytemnestre | Michelle Breedt

Oreste | Stéphane Degout

Pylade | Rainer Trost

Achille | Maxim Mironov

Calchas / Scythe / Le ministre | Andreas Jankowitsch

Première Prêtresse / Femme grecque | Çigdem Soyarslan

Deuxième Pretresse | Johanna Krokovay

Oreste & Pylade als Kinder | Angelo Margiol, Samuel Jung

Orchester Wiener Symphoniker

Chor Arnold Schoenberg Chor (Ltg. Erwin Ortner)

座席 立ち見 Seite Links 後半 3. Rang Mitte Links 2. Reihe 5

3(Cb),4,5,6,8(Vn)

 『トーリード』が始まってちょっとしてから休憩、作品の変わり目でイフィジェニー役が交代。後半のイフィジェニーは前半の間もほぼ常に舞台にいる。

 合唱が上手い。相当上手い。この間のウィーン国立歌劇場でのタンホイザーでも歌ってくれたらきっとすごいんだろうな。

かつてベルリンで聴いたRIAS室内合唱団を思い出した。

 劇場はこじんまりしててとても良い。雰囲気が好きだ。スタッフも親切。観客もウィーン国立歌劇場みたいにいかにも観光客の集まり、というのとは全然違うので落ち着く。立ち見もそこそこ舞台が見えて音楽はばっちり聴けるから十分。

 グルックの音楽が良かった。聴きごたえがあった。演出も素晴らしく充実した3時間だった。

TOP