読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

アルトゥール・シュニッツラー『ベルンハルディ教授』 ブルク劇場 2015年6月11日

profbernhardi11062015.jpgArthur Schnitzler

Professor Bernhardi

Regie: Dieter Giesing

Bühnenbild: Karl-Ernst Herrmann

Kostüme: Fred Fenner

Mitarbeit: Johann Kresnik

Musik: Jörg Gollasch

Licht: Friedrich Rom

Dramaturgie: Amely Joana Haag

Premiere am

16. April 2011 im Burgtheater

ca. 3 Stunden. Eine Pause


Dr. Bernhardi, Professor für interne Medizin, Direktor des Elisabethinums | Joachim Meyerhoff

Dr. Ebenwald, Professor für Chirurgie, Vizedirektor | Roland Koch

Dr. Cyprian, Professorin für Nervenkrankheiten | Caroline Peters

Dr. Pflugfelder, Professor für Augenkrankheiten | Joachim Bißmeier

Dr. Filitz, Professor für Frauenkrankheiten | Oliver Masucci

Dr. Tugendvetter, Professor für Hautkrankheiten | Klaus Pohl

Dr. Löwenstein, Dozent für Kinderkrankheiten | Martin Schwab

Dr. Schreimann, Dozent für Halskrankheiten | Marcus Kiepe

Dr. Oskar Bernhardi, Assistent Bernhardis | Sven Dolinski

Hochroitzpointner, Kandidat der Medizin | Christoph Luser

Ludmilla, Krankenschwester | Stefanie Dvorak

Professor Dr. Flint, Unterrichtsminister | Nicholas Ofczarek

Hofrat Dr. Winkler, im Unterrichtsministerium | Branko Samarovski

Franz Reder, Pfarrer der Kirche zum Heiligen Florian | Lucas Gregorowicz

Dr. Goldenthal, Verteidiger | Bernd Birkhahn

Dr. Wenger, Assistent Tugendvetters | Robert Reinagl

Philomena Beier, "die Sepsis" | Florentina Kubizek

座席 1.Rang-Loge rechts Loge 6 Reihe 1 Platz 2

INteaser_bernhardi_18.jpg

©Jim Rakete

 ウィーンの貴族たちの侍医で民間病院の院長である内科医のベルンハルディ教授。人道上、医療上の信念から、カトリックの司祭に対し患者に面会することを拒絶したことで、彼のキャリアが急に暗転する。この患者はすでに死に瀕しているのだが、高揚した幸福感の中で回復に向かっていると思い込んでいる。ベルンハルディは終油の秘跡(die Letzte Ölung)にともなう死への不安を患者に感じてほしくなかった。その代わりに「幸福な死」を叶えてあげたかったのだった。司祭がベルンハルディに対して教会の掟をたてにとって話しているあいだに患者は秘跡なしに、そして贖罪の可能性なしに亡くなってしまう。ユダヤ人であるベルンハルディは、その結果としてカトリックのウィーンにおいて反ユダヤ主義的魔女狩りにさらされ、主に政治的利害から迫害にあう。ベルンハルディは院長の地位から退くように圧力をかけられ辞職する。最後には間違った目撃証言に基づいた判決で宗教的な妨害をしたとの理由で2か月の懲役を宣告される。(参照→ "Arthur Schnitzler ‹Professor Bernhardi›" (Burgtheater)

 初演は1912年11月28日ベルリン。それに先立つ同年10月25日のウィーンでの上演は検閲で上演禁止となった。

Bernhardi_I_056_Ausschnitt.jpg

©Reinhard Werner

Bernhardi_I_120s.jpg

©Reinhard Werner

 昨日のイェリネクに比べると今日のは一般に人が思い浮かべるまさに劇。主役のベルンハルディをはじめとした役者たちの演技に引き込まれた。

 それにしても、ベルリンでもそうだったが、若い客層もかなり来ていてこんな演劇を観ている光景を目にするといつもいいなぁと思う。200年前、100年前に書かれた作品を、自分たちの言葉で味わう。上演もそれを伝統という枠に閉じ込めずに常に新しく提示し続ける。

profbernhardi11062015_20150621100741afd.jpg

(休憩中)

TOP