読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

イプセン『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』 アカデミー劇場 2015年6月14日

borgman14062015.jpgWiener Festwochen

Henrik Ibsen

John Gabriel Borkman

Koproduktion mit den Wiener Festwochen und dem Theater Basel

nach Henrik Ibsen

von Simon Stone

Übertragung ins Deutsche Martin Thomas Pesl

Regie: Simon Stone

Bühne: Katrin Brack

Kostüme: Tabea Braun

Musik: Bernhard Moshammer

Licht: Friedrich Rom

Dramaturgie: Klaus Missbach


John Gabriel Borkman | Martin Wuttke

Gunhild Borkman, seine Frau | Birgit Minichmayr

Erhart Borkman, ihr Sohn | Max Rothbart

Ella Rentheim, Gunhilds Zwillingsschwester | Caroline Peters

Fanny Wilton | Nicola Kirsch

Wilhelm Foldal | Roland Koch

Frida Foldal, seine Tochter | Liliane Amuat

Premiere:28. Mai 2015

Aufführungsdauer: ca. 2 Stunden. Keine Pause

 

Borkman_2_083s.jpg

© Reinhard Werner

 イプセンの『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』。初演は1897年ヘルシンキ。日本初演は1909年(台本:森鴎外訳)。このプロダクションはウィーン芸術週間のプログラムに含まれるもので、5月28日がプレミエ。

 アカデミー劇場はコンツェルトハウスの隣にある座席数500程度の劇場。一人演劇月間とした今月、今日のこの演目は楽しみにしていた方のひとつ。

 幕が開くと舞台一面雪で、始めから終りまでずっと雪が降っている。劇は、エルラがグンヒルトを訪ねてくるところから始まる。舞台全体が家という設定になっている。

Borkman_2_117s.jpg

© Reinhard Werner

(左からグンヒルト、ボルクマン、エルハルト、ファニー、エルラ)

 エルラと、ボルクマンの息子エルハルトの恋人ファニーはこの家で初めて知り合うが、すでにFacebookを通じて名前などは知っていたことになっていて、あの投稿見たわ、とか言っている。グンヒルトはそれを聞いて、はぁ、あんたたちフェイスブックで知り合いだったの、と言って怒る。

csm_Borkman_1_005s_658c68e954.jpg

© Reinhard Werner

csm_Borkman_1_020s_01_bf74366a90.jpg

© Reinhard Werner

csm_Borkman_1_083s_8177b9fe9c.jpg

© Reinhard Werner

INteaserBorkman_2_114s.jpg

© Reinhard Werner

 所々で笑わせてくれる面白い演出。セリフがいちいち面白い。皆げらげら笑っていた。日本の演劇史にも大きな足跡を残している戯曲だし、これは観に来て良かった。

 終演後はスタッフが大勢出てきて、雪を掃除機で吸い取る。雪は紙ではないがなにか化学繊維っぽい綿状の物だった。

TOP