読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

ヘルベルト・フリッチュ『無題第1番』 ブルク劇場 2015年6月19日

演劇

ohnetitelnr119062015.jpg

Herbert Fritsch

Ohne Titel Nr. 1 - Eine Oper von Herbert Fritsch

Regie: Herbert Fritsch

Bühnenbild: Herbert Fritsch

Kostüme: Victoria Behr

Licht: Torsten König

Musik: Ingo Günther

Ton: Klaus Dobbrick

Video: Konstantin Hapke

Dramaturgie: Sabrina Zwach


Mit Florian Anderer/ Matthias Buss/ Nora Buzalka/ Werner Eng/ Patrick Güldenberg/ Jonas Hien/ Wolfram Koch/ Inka Löwendorf/ Annika Meier/ Ruth Rosenfeld/ Axel Wandtke/ Hubert Wild/ Ingo Günther/ Fabrizio Tentoni/ Michael Rowalska

Produktion

Volksbühne am Rosa-Luxemburg-Platz, Berlin

In Kooperation mit Burgtheater, Wien

1 Stunde 30 Minuten. Keine Pause

座席 1.Mittelrang rechts Reihe 5 Platz 9

IN1332_ohne_titel_nr1_1_4563___.jpg

© Thomas Aurin

 前日に行くつもりでチケットも買ってあったのに、行き忘れて今日行ってきた。今日が公演最終日だったからぎりぎり。この前の『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』と同様ウィーン芸術週間のプログラム。ベルリンのフォルクスビューネの客演公演。どれに行こうか探しているとき、タイトルもさることながら、上演言語の項目も目を引いた。例えば普通イタリアオペラとかだったら、In italienischer Sprache mit deutschen Übertiteln(イタリア語上演ドイツ語字幕付き)とか出ているが、これは、In undeutlicher Sprache、不明瞭な言語での上演とある。これを見た瞬間行こうと思った。

IN1355_ohne_titel_nr1_2_5156___.jpg

© Thomas Aurin

 笑った笑った。中身とかは無い。ただのどたばた、茶番がひたすら続くだけ。冒頭、役者たちが客席の方から出てきてオーケストラピットに入っていく。演奏から始まる。ここからめちゃくちゃ。まず始まるまでにあーだこーだ時間がかかる。

 たいして笑えない時間帯もなくはないが、よくここまでふざけたものだ。お客さんは若者からおばさんたちまで、みんなこらえきれずにくすくす笑ったり爆笑したり。本当、観に行けてよかった。

TOP