読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

TV(ORFIII)で視聴 『フィデリオ』―「レオノーレ 1806」 アン・デア・ウィーン劇場(2016年1月17日)

オペラ

f:id:jutta_a_m:20160323052122j:plain
Theater an der Wien, Oper konzertant © beyond/ André Sanchez/ carolineseidler.com

 ドイツのブンデスリーガ、フランクフルトvsヴォルフスブルクの試合中継でもやってないかなとTVをつけてチャンネルを回してたら、ORFIIIが『フィデリオ』を放送しているのを見つけた。2016年1月17日にアン・デア・ウィーン劇場で上演された『フィデリオ』、1806年に初演された版(第2稿)。演奏はコンツェントゥス・ムジクスとシェーンベルク合唱団で、アーノンクールが指揮するはずだったもの。マルツェリーナ役はアンナ・プロハスカ。シーズンが始まったばかりの頃にチェックしたがすでに売り切れだった。コンツェントゥス・ムジクス/シェーンベルク合唱団/アーノンクール指揮にプロハスカなど出演で『フィデリオ』のレアな1806年版でしかも1回公演となればそれもそうだな。アーノンクール引退もあったし(なくても)当日行けば何とかなったと思うが行かなかった。放送を見つけてラッキー。しかも途中からではなくて、アーノンクールのビデオレターみたいなものの放映と番組の司会女性による舞台裏での歌手へのインタヴューから。片手間で視聴した。


 第1稿(1805)と第2稿(1806)はともにアン・デア・ウィーン劇場で初演された。1805年の時は序曲はまだ今で言う「レオノーレ序曲第2番」、1806年の時は「レオノーレ序曲第3番」。

f:id:jutta_a_m:20160125073241j:plain:w350
「ベートーヴェンは1803年と1804年にアン・デア・ウィーン劇場に住んだ。/オペラ『フィデリオ』、第3交響曲、クロイツェル・ソナタの諸部分がここで成立した。/『フィデリオ』およびその他の諸作品がここで初演された」
ちなみに「その他の諸作品」には交響曲第3番「英雄」、5番「運命」、6番「田園」が含まれる(すごっ)。*第3番は非公開初演がロプコヴィツ邸

 序曲から面白い。基本はレオノーレ序曲第3番だが、聴きなれない部分がところどころ、いや結構ある。アーノンクールが資料調査をもとに作ったのだろう。面白い。歌手の台詞はなく新たに作られたテクストを朗読者が舞台上で朗読する。歌手にはあまり動きはなく、基本的には舞台上に置かれた譜面台の前で歌う。それにしても冒頭からアンナ・プロハスカが上手い。なんとなく本調子じゃなさそうではあったが上手い。

 指揮者は引退したアーノンクールに代わりシュテファン・ゴットフリート。一言で言うとアーノンクールの弟子と。2004年から定期的にアーノンクールと働いていて、2013年の同劇場での『フィデリオ』の時にもアシスタントを務めたとある。

f:id:jutta_a_m:20160125075305j:plain
モーツァルトのダ・ポンテ3部作の時の練習時(2014) © Theater an der Wien

 新たに作ったテクストを朗読者に舞台上で朗読させることで舞台が引き締まっていたと思う。良い上演だっと思う。聴取の反応も良く好評だったようだ。

 それにしてもここは良い公演をする。ウィーンを訪れオペラを観るとなればウィーン国立歌劇場を第一に思い浮かべるところではあるが、アン・デア・ウィーン劇場も/こそチェックしたい。演目やプロダクションの面白さに特徴がある。

以下配役。Zwischentexteは、間に挟むテクストといった意味。

Festkonzert FIDELIO
„Leonore 1806“
Musik von Ludwig van Beethoven
Libretto von Joseph Sonnleithner und Stephan von Breuning
Zwischentexte von Christoph Klimke

Konzertante Aufführung in deutscher Sprache

Musikalische Leitung | Stefan Gottfried
Leonore | Juliane Banse
Florestan | Michael Schade
Don Pizarro | Andrew Foster-Williams
Rocco | Georg Zeppenfeld
Marzelline | Anna Prohaska
Jaquino | Rainer Trost
Don Fernando | Andrè Schuen
Sprecher | Herbert Föttinger
Orchester | Concentus Musicus Wien
Chor | Arnold Schoenberg Chor (Ltg. Erwin Ortner)

TOP