読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

ゴーゴリ『査察官』 ブルク劇場 2016年2月21日

演劇

f:id:jutta_a_m:20160222064927j:plain:w350
Nikolaj Gogol
‹Der Revisor›

Deutsch von Matthias Knoll, bearbeitet von Alvis Hermanis

Regie und Bühne: Alvis Hermanis
Kostüme: Kristine Jurjane
Licht: Friedrich Rom
Dramaturgie: Klaus Missbach

Anton Antonowitsch Skwosnik-Dmuchanowskij, Bürgermeister | Michael Maertens
Anna Andrejewna, seine Frau | Maria Happel
Marja Antonowna, beider Tochter | Dörte Lyssewski
Iwan Alexandrowitsch Chlestakow, Durchreisender | Fabian Krüger
Ossip, dessen Begleiter | Oliver Stokowski
Pjotr Iwanowitsch Bobtschinskij, Bürger | Hermann Scheidleder
Pjotr Iwanowitsch Dobtschinskij, Bürger | Dirk Nocker
Luka Lukitsch Chlopow, Schuldirektor | Johann Adam Oest Seine Frau, Köchin | Brigitta Furgler
Amos Fjodorowitsch Ljapkin-Tjapkin, Richter | Falk Rockstroh Artjom Filippowitsch Semljanika, Direktor des Krankenhauses und Armenasyls | Martin Reinke
Christian Iwanowitsch Hübner, Doktor der Armenanstalten | Franz J. Csencsits
Iwan Kusmitsch Schpekin, Postmeister | Dietmar König
Küchenmädchen | Maria Lisa Huber, Liliane Zillner
Huhn und Ratten | Thomas Bäuml, Alban Knoll, Josef Manske, Valentin Reischer

Premiere 4. September 2015

4時間 休憩1回
座席 Parterre rechts 7列7番

„Ich habe Sie hergebeten, um Ihnen eine höchst unerfreuliche Mitteilung zu machen: zu uns kommt ein Revisor“ (Bürgermeister).

 ニコライ・ゴーゴリ(1809-1852)の戯曲『査察官』(1836)。

【あらすじ】ロシアの田舎町。町長と町の有力者たちは、ペテルブルクからお忍びで査察官がやって来るとの話で騒いでいる。査察官らしき人物が宿屋に泊まっているとの情報。その男(フレスタコフ)は実際は旅行中のただの貧しい公務員なのだが、彼のことを査察官だとおもい込んであれこれと過度の丁重さでもってもてなす。町長の娘と「査察官」が結婚することに。彼はいったんペテルブルクに戻るとのことで出て行った。町長は皆を集めてお祝いの準備、ペテルブルクでのキャリアを夢見て喜びを抑えきれずにいる。そこに「査察官」が書いたとの手紙が。その場で読み上げられ、彼が査察官ではなかったことが明かされる。ん、てことは...査察官はこれから来る...。

 冒頭、食堂で働く従業員たち。コップや食器で音を大きく鳴らしながら動/働く。あからさまにリズムを付けている。大きなわとりが3羽。そこに町の有力者たち一人ずつ食堂に入ってきて皿をトレイにのせてレジで会計を済ませ席について食べる。その一連の動きも従業員たちと同じようにリズムに乗っている。職務怠慢を思わせる部分。皆肥満体型。

f:id:jutta_a_m:20160222065737j:plain
© Reinhard Werner

f:id:jutta_a_m:20160222065809j:plain
© Reinhard Werner


 皆必死にもてなしご機嫌を取る。お忍びの査察ということなので、気づいていないふりをしながらもてなす。賄賂も渡す。

f:id:jutta_a_m:20160222065838j:plain
© Reinhard Werner


 役者たちも個性的で面白い。あー笑えた。

TOP