読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルハルモニ記

ドイツ文化・思想の人がオペラ・コンサートなどの感想を中心に書いているブログ

ビューヒナー『ダントンの死』 ブルク劇場 2015年6月25日

演劇

dantonstod25062015.jpg

Georg Büchner

Dantons Tod

Regie: Jan Bosse

Bühne: Stéphane Laimé

Kostüme: Kathrin Plath

Musik: Arno Kraehahn

Video: Meika Dresenkamp

Licht: Peter Bandl

Dramaturgie: Gabriella Bußacker


George Danton | Joachim Meyerhoff

Camille Desmoulins | Peter Knaack

Lacroix | Daniel Jesch

Thomas Payne/Richter | Ignaz Kirchner

Robespierre | Michael Maertens

St. Just | Fabian Krüger

Julie, Dantons Gattin | Adina Vetter

Lucile, Gattin des Camille Desmoulins | Aenne Schwarz

Marion | Jasna Fritzi Bauer

1. Bürger | Stefan Wieland

2. Bürger | Hermann Scheidleder

Chor | Schülerinnen und Schüler der Singklassen, der Wiener ABChöre, des Wiener KinderChores und des Wiener KinderKammerChores der Musikschule Wien

Choreinstudierung | Hannes Marek

Spieldauer:2 Stunden 15 Minuten. Keine Pause

Premiere am 24. Oktober 2014 im Burgtheater

座席 1階右Loge 6 Reihe 2 Platz 3

„Was ist das, was in uns lügt, hurt, stiehlt und mordet?“

Danton_4_064s.jpg

© Reinhard Werner

 ゲオルグ・ビューヒナー(1813-1837)の『ダントンの死』(1835)。初演は1902年。ビューヒナーは『ヴォイツェック』("Woyzeck", 1835)の作家である(と言った方がここではより通じやすいだろうか)。

 舞台上に散らばった衣服はフランス革命で命を落とした人々の屍を暗示しているようだ。舞台装置、セットをいろいろ使う。いろいろやるので肝心の劇に入り込めないタイプに属する演出と言えようか。

Danton_4_026s.jpg

© Reinhard Werner

  ダントン役のヨアヒム・マイアーホフ。この前の『ベルンハルディ教授』ではベルンハルディを演じ、一昨日観た『アンティゴネー』ではクレオンを演じ、今日はダントンを演じる。すごい。まさに役者だ。

 これで一人演劇月間も終わり。観た順に、イェリネク、シュニッツラー、カール・クラウス、イプセン、シンメルプフェニヒ、フリッチュ、フェルディナント・ブルックナー(クライスト)、ソフォクレス、ビューヒナーと、古代ギリシャから現代の作家まで、主にブルク劇場で観ることができた。ブルク劇場については今月1回目の演劇(イェリネク)についての記事で触れたので見てほしい。

TOP